bitflyer イーサリアムk8 カジノCドライブの容量不足は「WinSxS」フォルダーの肥大化が原因?仮想通貨カジノパチンコcr 機動 戦士 ガンダム 逆襲 の シャア

bitflyer イーサリアムk8 カジノCドライブの容量不足は「WinSxS」フォルダーの肥大化が原因?仮想通貨カジノパチンコcr 機動 戦士 ガンダム 逆襲 の シャア

bitflyer イーサリアムk8 カジノCドライブの容量不足は「WinSxS」フォルダーの肥大化が原因?仮想通貨カジノパチンコcr 機動 戦士 ガンダム 逆襲 の シャア

テイルズ オブ デスティニー パチンコ 設置 店k8 カジノ 「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

スロット 万 枚 いくら連載目次

安易にいじってはいけない!「WinSxS」フォルダーの正体とは?

 Windowsを長く使っていると、「%Windir%\WinSxS」(以下、WinSxS)フォルダーがどんどん肥大化していくように見えます。だからといって、WinSxSフォルダーの中で削除できそうなものを探して、削除してしまうことはトラブルの元です。

 今回は、WinSxSフォルダーの役割や仕組みを説明します。言葉で説明すると長くなるので、できるだけスクリーンショットを多用し、なんとなくでも分かっていただければと思います。WinSxSフォルダーについて詳しく知りたい方は、以下のMSDN(Microsoft Developer Network)のドキュメントをご覧ください。

コンポーネントストアの管理(MSDNライブラリ)

 Windowsに標準ではインストールされない機能(Windows Serverの場合は「役割と機能」)を有効化する際、インストールメディアが要求されることはありません。機能の追加に必要なソースファイルは、「Windowsコンポーネントストア」と呼ばれるWinSxSフォルダーにあらかじめ配置されているからです。

 例えば、Windowsに「Telnetクライアント」(%Windir%\System32\Telnet.exe)は、標準ではインストールされません(画面1)。

画面1画面1 「Telnetクライアント」(Telnet.exe)はオプションで有効化できる機能

 Telnetクライアントの機能を有効化する前は、当然のことながら「%Windir%\System32」(以下、System32)フォルダーにTelnet.exeは存在しません。しかし、WinSxSフォルダーの中を検索してみてください。Telnet.exeとその関連ファイルが見つかるはずです(画面2)。

画面2画面2 有効化されていない「Telnetクライアント」のソースファイルは、WinSxSフォルダーの中に最初から存在する機能の有効化はWinSxSフォルダー内のファイルへのハードリンク

 Telnetクライアントを有効化すると、System32フォルダーにTelnet.exeがインストールされます。一見すると、WinSxSフォルダー内のTelnet.exeがコピーされたように思えるかもしれませんが、そうではありません。System32フォルダー内のTelnet.exeは、WinSxSフォルダーにあるTelnet.exeそのものを参照するハードリンクなのです。

 ハードリンクとは、「一つのファイルに対する複数の参照(パス)」のことです。どのパスが本物、あるいはオリジナルということはなく、全てが同等のパスです。複数のハードリンクを持つファイルは、その一部の参照を削除しても、ファイルの存在には影響しません。参照数がゼロになって初めてディスク上から削除されます。ハードリンクのない通常のファイルは、そのパスが唯一のハードリンクともいえます。

 ハードリンクを参照できる「Windows Sysinternals」のユーティリティ、「FindLinks」を使って調べてみましょう。

Windows Sysinternals FindLinks[英語](Microsoft TechNet)

 System32フォルダー内のTelnet.exeをFindLinksで調べると、もう一つのハードリンクとしてWinSxSフォルダー内のTelnet.exeへのリンクが示されます(画面3)。逆に、WinSxSフォルダー内のTelnet.exeをFindLinksで調べると、System32フォルダー内のTelnet.exeがもう一つのハードリンクとして示されます。

画面3画面3 System32フォルダー内のTelnet.exeは、WinSxSフォルダー内のTelnet.exeと同じファイルを参照するハードリンクWindows UpdateはWinSxSフォルダーを更新します

 Windows Updateは、例えばTelnet.exeに対する更新があったとすると、System32フォルダーのTelnet.exeではなく、WinSxSフォルダー内のTelnet.exeを更新し、ロールバックできるように古いバージョンのTelnet.exeも保持してバージョン管理をしています。そして、最新のTelnet.exeに対するハードリンクをSystem32フォルダーのTelnet.exeに設定するのです。

 Windows 8.1のTelnet.exeに対する更新はまだないので、「Explorer.exe」で確認してみましょう。WinSxSフォルダーの中を検索すると、ファイルサイズの異なる多数のExplorer.exeが見つかりました(画面4)。

画面4画面4 Windows Updateで最新状態にしたWindows 8.1で、WinSxSフォルダーの中からExplorer.exeを検索したところ

 WindowsはWinSxSフォルダー内のファイルへのハードリンクを多用しているため、WinSxSフォルダーのサイズが、このフォルダーの実際のサイズを示しているわけではありません。サイズ計算には他の場所にあるファイルが含まれるなど複雑であり、実際よりも大きく見えてしまうそうです。

 しかしながら、古いバージョンを保持していることは、WinSxSフォルダーのサイズを大きくしている要因の一つではあります。だからといって、安易にWinSxSフォルダー内のファイルを削除してしまうと、バージョン管理の整合性がとれず、まずいことになるでしょう。

「ディスククリーンアップ」でクリーンアップ!

 WinSxSフォルダーのサイズを縮小する方法の一つが、「ディスククリーンアップ」(Cleanmgr.exe)を使用した「Windows Updateのクリーンアップ」です。これを実行すると、不要になった古いバージョンのファイルが削除または圧縮され、ディスク領域が解放されます。WinSxSフォルダー内でExplorer.exeを検索した結果は、実行前と実行後でファイル数に変化はありませんでした。更新プログラムのアンインストールに影響のない範囲でファイルを削除してくれるようです。

 先ほども言いましたが、WinSxSフォルダーのサイズは実際よりも大きく見えてしまうため、クリーンアップを実行しても思ったほど小さくならないと思います(画面5)。

画面5画面5 「Windows Updateのクリーンアップ」を実行しても、WinSxSフォルダーのサイズに大きな変化がないのは、このフォルダーのサイズ計算方法の問題。ディスク全体では確かに減っている「DISM」コマンドでもっとクリーンアップ!

 本連載第15回でも登場しましたが、Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2からは、「DISM」コマンドによるWinSxSフォルダーのクリーンアップに「/ResetBase」という新しいオプションが追加され、さらなるサイズの縮小が可能になりました。

WinSxSフォルダーのクリーンアップ(MSDNライブラリ)

 「ディスククリーンアップ」による「Windows Updateのクリーンアップ」を実行した後に、「/ResetBase」付きでDISMコマンドによるクリーンアップを実行してみると、WinSxSフォルダー内のファイルとサイズに明らかに変化がありました。WinSxSフォルダー内のExplorer.exeを検索してみると、古いバージョンのファイルが削除されていることが分かります(画面6)。「/ResetBase」を実行すると、更新プログラムのアンインストールができなくなることが、この結果からも分かります。

画面6画面6 WinSxSフォルダー内のExplorer.exeは最新バージョンだけになり、WinSxSフォルダー内のファイル数やサイズも大きく変化.NET Framework 3.5はWinSxSフォルダーには存在しない?

 このように、Windowsの機能の有効化にはWinSxSフォルダーが使用されるのですが、例外もあります。その一つが、「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)」です。この機能については、既定ではWinSxSフォルダーにソースファイルがありません(画面7)。

画面7画面7 「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)」を有効化する前のPC。WinSxSフォルダーに必要なソースファイルはまだ存在しない

 機能を有効化すると、Windows Updateから必要なソースファイルがダウンロードされるようになっています(画面8)。なお、.NET Framework 3.5のソースはインストールDVDの「\Sources\SxS」フォルダーにあり、この場所をソースとして使用することもできます。WindowsストアでWindows 8.1にアップグレードした場合はインストールDVDを持っていないでしょうから、その方法の説明は省略します。

画面8画面8 「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)」を有効化済みのPC。WinSxSフォルダーにダウンロードされたソースが展開され、使用される8月、9月のWindows Update後にトラブルに遭遇しませんでしたか?

 実は「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)」の有効化に関して、2014年8月と9月のセキュリティ更新プログラムが問題を引き起こしていました(画面9)。

画面9画面9 2014年8月と9月のセキュリティ更新プログラムが原因で「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)」を有効化できないという不具合が発生した。10月の更新で解決済み

 「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)」を有効化しようとしない限り、この問題には遭遇しません。また、「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)」を有効化した後に、この更新プログラムを適用した場合は、何の問題もありません。

 この問題は、10月上旬にリリースされた修正プログラムですでに解消しています。そのため、問題に遭遇した人は少ないはずです。しかしながら、遭遇してしまった人は、理由が分からず面倒なことになったに違いありません。

 「.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)」は、SQL Serverの前提コンポーネントです。前提コンポーネントの有効化が失敗すると、インストールを続行できません。

Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows 8.1、またはWindows 8上でセキュリティ更新プログラム 2966827 または 2966828 をインストールした後でMicrosoft.NET Framework 3.5の機能を有効化できない(2014/10/09)(マイクロソフト サポート)Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows 8.1、およびWindows 8上の.NET Framework 3.5の更新プログラム(2014/10/07)(マイクロソフト サポート) 「山市良のうぃんどうず日記」バックナンバー 大学進学する子どものために購入した2in1ノートPCで発生した「タブレットモード」のトラブルとは年末年始恒例、「2023年にサポートが終了する」Microsoft製品まとめ――どうなるWindows? どうなるOfficeアプリ?“ワンオペ”はつらいよ、複数台のWindows Update作業にかかる手間を減らすには犯人は2人いた? Windows起動直後に「CPU使用率100%」状態が続く原因と解消法Windows Updateは「炭素に対応」?――Windowsで見つけた“残念な日本語”2022年更新版サイズの大きなAzure仮想マシンの維持コストを劇的に節約する方法、教えます無償の「ZoomIt」でRecord It! “できるプレゼンター”必携ツールに録画機能が追加最新の「Windows 11 2022 Update(バージョン22H2)」がリリース! システム要件を満たしていないPCはアップグレードできるのか?さようならWindows Server SAC、代替はAKS/AKS on HCI?――Windowsのコンテナ環境はこれからどう変わるのかお待たせしました! ITプロ必携の最新技術書『インサイドWindows 第7版 下』、その注目ポイントを紹介このPCはWindows 11の動作要件を満たしません――だったら「ChromeOS Flex」で再利用すればいいじゃない!「Internet Explorer(IE)」のサポート終了、対象外でも即終了となったWindows Server SACの謎を解くWindows Update後の「電源を入れたままにしてください」は“お願い”というよりも“警告”であるシステム要件に満たないPCをWindows 11へのアップグレードしたその後と、もう1台のPCをアップグレードした結果は……【朗報】ついにWindows Server 2022で「WSL 2」が動くようになったよ!――インストール方法を詳細解説Microsoft Edgeの更新で出現した謎の挙動と更新エラー、これで解消できました「C:\Windows\WinSxS」(コンポーネントストア)は絶対に触れてはいけないWindowsの“聖域”SQL Server 2008/2008 R2、3年目のESU終了目前――オンプレミスでのESU購入はコストに見合うものでしたか?Windows 11へのアップグレードの機会に、PCをリフレッシュしてみない?[後編]要件に満たないPCはどうなる?Windows 11へのアップグレードの機会に、PCをリフレッシュしてみない?[前編]使って分かった、Windows 11のここが不満!こんにちは、Windows 11! アップグレードで気を付けたいこと、やっておきたいことMicrosoft Store版「Windows Sysinternals」は自動更新される? されない?今更ながら気が付いたNTFSの「暗号化ファイルシステム(EFS)」の仕様変更ある日突然「Microsoft Edge」が開かなくなった、さあどうしましょうついに登場! Microsoft Store版「Windows Sysinternals」をインストールしてみた年末年始恒例、「2022年にサポートが終了する」Microsoft製品――Windows 10は? IEは?できるかな? Windows 11 To Go!こんにちは新サーバ、いろいろ詰め込み過ぎてゴメーンお疲れさまおじいちゃんサーバ、待ってるよ新人サーバ――引っ越し時にアレを忘れると大変なことにWindowsでダウンロードしたアプリがブロックされずに実行できるのはなぜ?人知れず消えた古い「仮想マシン構成バージョン」のサポート迫るサポート終了の日! それでもまだIEを使いたいどこが違う? Windows Updateが「今すぐインストール」で止まるPCの特徴は?Windows Admin Centerから拝借する「再起動スケジューリング」のマル秘テクWindows 10のMicrosoft Edgeのバージョンをロールバックする方法(Microsoft公式情報)「Windows 11」の登場予告で、WindowsとWindows Server周辺は大混乱?本当にできるのか? Windows 10のMicrosoft Edgeのバージョンをロールバックする方法ワークグループ環境のWindows NAS、ここがパスワード管理の“落とし穴”Windows NASの可用性をいろいろと試したくて――仮想マシン環境に再現してみたWindows NASの可用性をいろいろと試したくて――仮想マシンにNAS環境を再現する方法2021年初夏、懐かしの「Windows 8」を新規インストール&更新してみたら……1年ぶりのWindows 10 PCのメンテナンス、注意すべきポイントはどこ?Windows Serverの管理がもっと楽になる「Windows Admin Center」のここがイイ!(その2)Windows Serverの管理がもっと楽になる「Windows Admin Center」のここがイイ!(その1)知らぬ間に新しくなっていた(?)Windows 10更新後の「更新してシャットダウン」「シャットダウン」「再起動」の挙動セキュリティチェックツール「Microsoft Baseline Security Analyzer(MBSA)」を継ぐものは?Hyper-V仮想マシンの「チェックポイント」を素早く行き来する“裏技”をご紹介Windowsクライアントのリモートデスクトップ接続状態を追跡、監視するための超お手軽なヒント集2020年12月のWindows Updateでまたまた不穏な挙動! 油断ならない「更新プログラムのチェック」ボタンに注意あなたならどうする? 引き継ぎ一切なしで社内LAN上にあるデバイスをリストアップせよ!Windows 10で面倒になった「Windows Update」のコントロールを取り戻す方法はあるのか?ハードウェアの制約でWindowsの新規インストールを開始できない場合の「抜け道ガイド」フルバックアップがあってホントに助かった話~もし、ユーザープロファイルが壊れたら~[緊急報告2]Windows 10 バージョン2004以降へのアップグレードで新たに2つの問題が判明[緊急報告]Windows 10 バージョン1903以降へのアップグレードで突如判明した「証明書消失問題」とはうぃんどうず、どっきり、マル秘報告――しつこいようですがWindows Updateが“へん”の話【速報】Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)が正式リリースにWindows 10 May 2020 Update後のWindows Updateに“へん”化あり[その3]壊れたノートPCの中に眠っていたWindows 8.1を仮想マシンで呼び覚ます新規インストールしたWindows環境を自分好みに素早く構成する方法サポート終了しちゃったけど、Windows 7の新規インストールと最速更新(2020年7月版)Windows 10 May 2020 Update後のWindows Updateに“へん”化あり[その2]検証! 機能更新プログラムのバージョン固定とスキップを可能にするWindows 10の新機能ある特定のWindowsコンポーネントが更新で置き換えられたのはいつ?Windows 10 May 2020 Update後のWindows Updateに変化あり最近のWindows 10/Windows Serverの「累積更新」は差分ダウンロードではなくなったらしい緊急! Windows 10 May 2020 Updateのアップグレードにちょっと待った!失敗するWindows 10の「システムイメージの作成」をwbadminツールで代替するWindows 10のWindows Updateが再起動待ちになったら自動シャットダウンするスクリプト全ての仮想マシンが停止したらホストをシャットダウンするスクリプトWindows Updateのインターネットトラフィックへの影響を考察してみた見ないフリしてきたWindows Serverの“変なメッセージ”に向き合ってみた緊急、Windowsの未パッチの脆弱性(ADV200006)回避策をバッチ化する相変わらず「Windows Server 2016」の更新が遅々として進まない件「Disk2vhd」を使用したUEFI/GPTベースシステムのHyper-VへのP2V移行サポート終了から6年たったけど、Windows XPを新規インストールしてみた日本では提供されない、EOS後も続くWindows 7向けの手厚いサービスがあった?ものぐさ筆者、14年ぶりにPCをリプレースするってよリリースから7年後のWindows Server 2012の新規インストール(2019年12月版)わが家/筆者もようやく、ADSLとガラケーから卒業1人暮らしを始める大学生のために、遠隔地から親ができるPCサポートPingよりも高機能! ネットワーク管理者のための「PsPing」活用法Windowsトラブル解決事例──容量可変VHD肥大化の犯人とその解消Windows 10 ProとPro Educationの境界線は……サポート終了直前だけど、Windows 7の新規インストールと最速更新(2019年9月版)「Invoke-WebRequest」コマンドレットをTLS 1.2対応にする2つの方法Windows 7カウントダウン、第3シーズンWindows 10 バージョン1903になっても「更新プログラムのチェック」は上級者向けボタンだった続・Windows Updateの“更新遅い”問題を改善したい!──Windows Server 2016の場合[第2弾]Windows 10トラブル“未”解決事例──スタートメニューに現れた「謎のショートカット」は見ないこと、見えないことにWindows Updateトラブル解決事例──Windows 10 Sモードの場合Windowsトラブル解決事例──起動不能になった「Windows To Go」デバイスを復活させる方法Windows 10からの挑戦状、再び――これまでEducationエディションではWDAGが使えなかった突然消滅したMicrosoft TechNet/MSDNブログ(日本語)の捜索あのマルウェアの悪夢が再び? Windows XPに3回目のセキュリティパッチが緊急公開ディスク容量不足解消のためクリーンアップ、まだ終わっていなかったWindows Updateの“更新遅い”問題を改善したい!――Windows Server 2016の場合今使っているPC、電源ボタンを押して起動したのは何時だったっけ?Windows Server 2019評価版の提供再開がここまで遅れた理由は?「IEを使わないで」ではなくて「IEを既定にしないで」Windowsファイアウォールを肥大化させている犯人は誰だ!2019年もWindows Updateとの格闘は続くらしい……更新プログラムのダウンロード/インストール進捗状況が知りたい――Windows 10(バージョン1709以降)の更新用スクリプト解説Windows Server 2019の新規インストールはWindowsセットアップに任せてはダメ!2018年、Windowsの重大ニュース……それはWindows Update問題Windows 10のIME、郵便番号辞書の更新はどうなっている?Windows Sysinternalsユーティリティーの入れ替え作業をPowerShellスクリプトで簡単に未承認のワクチンですけど試してみませんか?――Windows Defenderのサンドボックス化の話Windows 10のWindows Updateでやってくる「更新プログラム」をまとめてみようWindows 10 October 2018 Updateがやってきた? やってこない?チャレンジ、秘密のWinRE!Windowsのシャットダウン時、何をしているのか“のぞき見”したい!セーフモードでもWindows Updateしたい──Windows 10の場合アップグレードを繰り返してきたWindows 10 PC、たまにはお掃除をお疲れさま、そしてサヨウナラ、エメット(EMET)さん半期チャネルにWindows 10 バージョン1803の機能更新プログラムがやってきた続・進まないWindows Update、やっぱり止まっていなかったサヨウナラ、それともまだ現役? 初代Nano Server続・フルバックアップからのWindows 10の復元が失敗!? でもそれが最後の希望だとしたら……アップグレードの道が絶たれたPCはWindows 10 April 2018 Updateの夢を見るか?Windows Updateは適切な更新サイクルで――CredSSP脆弱性対策について初夏のWindows 10まつり、Windows 10 April 2018 Updateがやってきた!――機能更新はやれるときに済まそうITプロ(非開発者)向けWindowsカーネルデバッグ事始めこれは戦いだ! Windows 10のWindows Updateにはやられる前にや……数日ごとに使えなくなるBluetooth、Windows 10にこれからも働いてもらうために……フルバックアップからのWindows 10の復元が失敗!? でもそれが最後の希望だとしたら……削除してもゾンビのようによみがえる、手ごわいWindows 10更新アシスタント(Update Assistant)WindowsとOfficeのサポートポリシーがまたまた変更?――次期Office「Office 2019」のサポートは……はじめてのWindows 10入門講座――最新OSとうまく付き合っていく方法君は100%?――Windows 10仮想マシンで発生した原因不明のCPU使用率問題緊急パッチだけではプロセッサ脆弱性対策は不十分――Spectre&Meltdown対策状況を再チェック年の初めに再確認、2018年にサポートが終了するMicrosoft製品は?年末恒例、ゆくWindows、くるWindowsいつか役に立つかもしれない……勝手にMicrosoftのサポート情報を更新してみた(無保証)今度はWindows 7のWindows Updateでトラブル──でも、解決策はあります!Windows 10のWindows Updateでまたもやトラブル――CBB、お前もか……Windows 10からの挑戦状、EducationエディションでWindows To Goワークスペースを作成せよ!重箱の隅をつつくようですが、“重要なこと”なので言わせてもらいます――Windows 10の更新オプション名称変更についてWindows 10 Fall Creators Updateがやってきた! 急いでアップグレードするその前に……先行き不安なWindows Update――ボクが2017年10月の更新をスキップした(できた)理由最新Office 365でマクロ/VBAの問題が発生――「Semi-Annual Channel(半期チャネル)」で助かったという話再考、Windows OSのライフサイクル――安心して2020年を迎えるためにIaaSクラウド上でWindows Server 2016のWindows Updateはハイリスク?そのNano Serverのインストール、ちょっと待った!最近のWindows Updateは、本当にどうかしている(と思う)Windows 10 Fall Creators Updateで増える「設定」は「ms-settings:URI」で狙い撃ちWindows 10 Fall Creators Update、「ペイント」の行方よりも、あの「電卓」を返して!Windows 10のWindows Update、ネットワーク使用状況の報告は“正直”Windows 10のショートカット「ms-settings:URI」は使い始めると止められないWindows Server 2016の今後の“更新”が怖い進まないWindows Update、やっぱり止まっていなかったWindows UpdateとIaaSクラウドは忍耐が試される?ランサムウェア「WannaCry」対策で安心してはいけない――いま一度、見直すべきWindowsの脆弱性対策ランサムウェア「Wanna Cryptor」に対し、異例のセキュリティパッチをWindows XPに提供する意味Windows 10 Creators UpdateのWindows Updateに追加された新機能「更新の一時停止」を試すWindows 10初期リリース(1507)のサービス終了のお知らせ続報、Windows 10 Creators Updateがやってきた!――Windows Updateによる自動更新の場合Windows 10 Creators Updateがやってきた!――確実にアップグレードする方法を再確認トラブルシューター泣かせのWindowsの仕様変更──忘れられた互換性機能?デスクトップ版Outlookアプリのトラブルに振り回された日Windows Updateへの愚痴――Patch Tuesday、恐怖のトラブル集“Windows Vistaのサポート終了のお知らせ”のお知らせトラブルシューター泣かせのイベントログメッセージ(その2)──「システム時刻の変更」に脆弱性あり?トラブルシューター泣かせのイベントログメッセージ(その1)――重大な翻訳ミス再チェック! ファイル共有プロトコル「SMB」のためのセキュリティ対策Windows 10のWindows Updateサービスを停止しようと考えている方へ2016年、Windows関連の話題を振り返る覚えておいて損はなし! Windows 10の「フルバックアップ」と「ベアメタル回復」の実行手順PCのデスクトップは散らかっている方が使いやすい?Windows Updateが進まない/完了しない/失敗するという悪夢からの脱出――Windows 10/Windows Server 2016の場合通常の方法でWindowsをインストールできない場合の“超抜け道的”対処方法企業ユーザーは要注意? Windows 7/8.1の「更新プログラム」の提供方法が変わりました今度こそ本当にさよなら、「Windows 10を入手する」アプリ自動VPN接続から消された「DNSトリガー」を復活してみたセーフモードでも起動できないという悪夢からの脱出、再び――Windows 10の場合Windows 10の新しい「電卓」と「ビルトインAdministrator」に見る“セキュリティの落とし穴”速報! Windows 10 Anniversary Updateがやって来た!――確実にアップグレードするための3つの方法とは?もしもマウスが使えなかったら……Windows 10のトラブルシューティング事例――ストアとストアアプリをポリシーで制限するには?更新プログラム「KB3159398」の適用で一部のグループポリシーが機能しなくなる問題を回避する方法“勝手にWindows 10にアップグレードされる”は本当か?ロールアップ更新プログラムでWindows 7の新規インストールが楽になるPowerShellのちょっとしたTips――改行コードを一括変換するWindows 10のトラブルシューティング事例――グループポリシーエディターのエラーを素早く解決するもしもキーボード配列が誤認識されていたら……Windows 10のトラブルシューティング、まとめましたWindows 10とWindows SysinternalsのいまWindows 10のトラブルシューティング事例――壊れたタスクを復元する/削除するWindows 10のトラブルシューティング事例――以前のバージョンに戻したくても「設定」を開けないWindows 10はEMETに頼らずとも安全?進まない、終わらないWindows Updateのトラブルに解決策はあるのか?Windows 8、古いInternet Explorerのサポートが終了した日2015年、私的Windows&マイクロソフト10大ニュースいま一度、確認しておきたいマイクロソフト製品のサポート終了期限Windows 10へ無料アップグレード? だが断るWindows 10で初のメジャーアップデートが提供されたけど……知っておいて損はなし! Office 2016からのダウングレード方法現行エメット(EMET)さんはWindows 10非対応、最新版はまだベータ――導入する、しないはあなた次第Windows 10のトラブルシューティング事例──未知のポリシー設定を探せ!管理者が知っておくべきOffice 2016のインストールと更新の変更点Windows 10時代はトラブル脱出が厄介に?――実際のトラブル例と解決のヒントWindows 10への強行アップデートで、古いウルトラモバイルPCは輝きを取り戻せるか?“Windows 10へのアップグレード:失敗”はエラーではなかった――アップグレードインストールの簡単まとめトラブルに遭遇したらどうすればいい? ――Windows 10のアップグレードで知っておくべき対処法Windows 10は謎だらけ――わたしも知らないWindows Updateの今後サヨウナラ Windows Server 2003! マルウエア対策の定義更新はいつまで続く?Word/Excelのパスワード保護も使いようWord/Excelのパスワードによる保護では個人情報は守れません「Windows 10を入手する」アプリは表示されましたか――Windows 10の無料アップグレード予約が開始Windows 10の発売日が決定! パッチ適用トラブルの迷宮から抜けられる日は近い?熟成されて15年、昔も今も変わらないActive Directory――でも、なぜ“Active”なの?続報、Windows 10って、古いPCでも本当に動くの?Windows 10プレビュー新ビルド10074公開、新規インストールで企業向けの新しいサインイン方法を発見Linux/OSSに不慣れでも大丈夫! WindowsでDockerを扱う際のポイントWindows 10プレビュー版、最新ビルド「10061」はUI改善が中心、メール/カレンダーアプリも新しく次期Windows Serverの新しいプレビュー版が待ち遠しい所要時間わずか10分で「Docker」を体験しよう――Azureで始めるDocker入門99年間のバックアップに対応、何を保存しましょうか?――Azure Backup最新情報フォローアップの巻もっと新しいエメット(EMET 5.2)さん、リ・リリースWindows XPサポート終了から1年、Windows Server 2003の終了はもうすぐシステム監査対決! Windowsコマンドライン監査 vs. Sysmon祝、Windows 7のWindows 10無償アップグレード! でも、古いPCで動くの?最新ビルドを詳細レビュー! Windows 10 Technical Preview Build 9926がやってきたIEと.NET Frameworkのサポートポリシーが変わります(1年後ですが……)英語版と日本語版、どっちのOS環境が使いやすい?空き領域不足のWindowsタブレットを劇的ダイエットMicrosoft Updateが使えなくなる日さらに新しいエメット(EMET)さんにもご用心!続報、Windows 10 Technical Preview。新しいビルドの私的衝撃Cドライブの容量不足は「WinSxS」フォルダーの肥大化が原因?エメット(EMET)さん、破れたりWindows 10と次期Windows ServerのTechnical Preview、現わるあのころ、君はもっとスリムだったはず新しいエメット(EMET)さんにご用心!IEで古いActiveXコントロールのブロックが始まるぞ幻のWindows 8.1 Update 2と盆(凡)のアップデートWindowsのバージョンを識別するために昔作ったスクリプトたちセーフモードでも起動できないという悪夢からの脱出[その2]セキュリティ更新が受けられなくなる前に、Windows 8.1 Updateを!セーフモードでも起動できないという悪夢からの脱出[その1]セーフモードでもWindows Updateしたい[その2]セーフモードでもWindows Updateしたい[その1]最近のWindows Updateって……お手柄、エメット(EMET)さん!その仮想マシンイメージ、止血済みですか?(OpenSSLの脆弱性)エメット(EMET)、していますか?“新しいOffice”はいろいろと新しい“Windows XPのサポート終了のお知らせ”のお知らせ筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Hyper-V(Oct 2008 – Sep 2014)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手がける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。

仮想通貨カジノパチンコインプレッサ 純正 ホイール

コメントを残す

業界連盟:コニベット k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ パチンコ 人気 パチスロ Hithotパチスロ k8 カジノ パチンカス | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap